港区 【整備事例】メルセデスベンツ編 10  ノリトシ自動車

画像

【整備事例】メルセデスベンツGクラス

 450SLC(R107) 排気漏れ修理①

このようにエキゾーストパイプに穴が開いてしまいました。残念ながら新品部品はありませんでした。

 450SLC(R107) 排気漏れ修理②

別の鉄板をあてがって、溶接修理しました。

 C240(W202)   バックするとコツンと音がする

バックするとコツンと音がする、とのことで点検・診断しました。
ロアアームブッシュの破れが原因でした。
ブッシュを左右抜き替えて異音は出なくなりました。

 E280(W124)   走行中に異音がする

走行中にゴトゴトと異音がするのでお預かりしました。
点検をすると、プロペラシャフトセンターマウントが抜けていました。
プロペラシャフトを分解して交換し、走行テストをすると静かになり力強さも増した感覚を持ちました。

 300TE(S124)   ワイパーが伸びたままになる

ワイパーが伸びたままになり、フロントガラスモールに刺さっていました。
ワイパーリンクを分解するとご覧の通りギヤが欠けていました。
リビルト品に交換して正常に作動するようになりました。

 E220(S124)  ブレーキペダルを強く踏むと後ろから異音がする①

走行テストをするとお客様のおっしゃる通り、ブレーキペダルを強く踏むと異音がして軽く踏むと出ません。
リアタイヤを外してみると、ブレーキローターを削っていました。キャリパーピストンの固着が原因です。

 E220(S124)  ブレーキペダルを強く踏むと後ろから異音がする②

ブレーキキャリパーのオーバーホールです。しっかりサビを落として組み上げると、ピストンの引っかかりも無くスムーズに動きます。
10万キロを超えたらブレーキキャリパーのオーバーホールをご検討ください。

 280E(W124)  パワーステアリングギヤボックス オイル漏れ修理

パワーステアリングギヤボックスからオイル漏れがひどいので分解修理(オーバーホール)しました。
ギヤの遊びも調整してしっかり感が出ました。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!