港区 【整備事例】メルセデスベンツ編 3  ノリトシ自動車

画像
【整備事例】メルセデスベンツ編 3

title
500E(W124) ASRランプ点灯

 500E(W124) ASRランプ点灯

走行中にASR警告灯が点灯してアクセルを踏んでもエンジンが吹け上がらなくなる症状です。
テスターで診断するとスロットルアクチュエーターとE-GASコントロールユニットの両方の故障コードが入っていました。故障コードを消して走行テストをすると、ASR警告灯が点灯してアクセルを踏んでも30km/h位しか出ませんでした。再度故障コードを呼び出すと同じコードが入っています。
これでは何が悪いのかわからないので、まずはE-GASコントロールユニットをテスト用と付け替えて走行テストします。
しばらくするとASR警告灯が点いたので故障コードを呼び出すと、スロットルアクチュエーターの故障コードが入っていました。
費用を抑えたかったので中古品を探し、ASRスイッチも同時に交換しました。
走行テストを何回も行い、ASR警告灯が点灯しないことを確認して完了です。

500E(W124)  エンジンが振れる

 500E(W124)  エンジンが振れる

突然エンジンが振れてエンストし、その後エンジンがかからなくなってのご入庫です。
レッカー車で運ばれて来た時にエンジンをかけたらかかってしまいました。スキャンツールで診断しても故障コードは無く、かからなかったのが嘘のようにエンジンは普通にかかります。
故障コードが残らない故障は点火系統が疑われるので、デスビキャップを点検すると火花がリークした跡があり、デスビローターも同様だったのでデスビキャップとデスビローターを左右交換しました。
走行テストを何回もしてエンジンの振れがでないことを確認しました。

560SEL(W126) ガソリン臭い

 560SEL(W126) ガソリン臭い

駐車場にガソリンが垂れたあとがあるということでリフトアップして点検すると、フューエルポンプから
ガソリンが滲んでいました。
フューエルポンプ付近が全体に濡れているので、一度ガソリンをエアーで飛ばして乾いた状態から点検すると、フューエルポンプだけでなくフューエルフィルターからエンジンへ行くフューエルホースも漏れていました。
他のホースも硬くなりヒビ割れしていたので、安全のためにホース5本とフューエルポンプとフューエルフィルターを全部交換しました。
これでガソリン漏れも無くなり安心できます。

C200 KOM(W203) 運転席シートの前後が動かない

 C200 KOM(W203) 運転席シートの前後が動かない

シート前後が動かなくて運転しづらいとのご依頼です。
シートスイッチを押してもシートの下でカチッと音がするだけで動きません。
まずは、テスターでシートスイッチの作動を実測値で点検するとシートスイッチは問題ないようです。次にシートコントロールユニットからアクティブテストでモーターを動かしてみると動きませんでした。さらにシートモーターへ12V電源が来ているか点検すると、12V来ていたのでモーター不良と診断しました。
それではモーターを交換しようと、シートの取り付けボルトを外そうとしたらシートが動かないので外せません。狭くてよく見えず手探りで何とか交換しました。
このタイプは乗り降りしやすいようにカギを抜くとシートが前後に動くので、他の車に比べてモーターが動く割合が高いので壊れやすいですね。

S500(W221) エンジンがかからない

 S500(W221) エンジンがかからない

コンビニに寄ってエンジンをかけようとしたらかからなくなってレッカーにて入庫です。
セルモーターは回るがエンジンはかかりません。
まずはテスターで診断すると故障コードはありませんでした。
次に燃圧を測定すると全くありませんでした。フューエルポンプへの電源をみると電源は来ています。フューエルポンプを外して単体点検するとやはりポンプは動きませんでした。
フューエルポンプを交換する時は一緒にフューエルフィルターとフューエルポンプリレーを交換することをおすすめしています。
ポンプ・フィルター・リレーを交換して走行テストでも快調に走ります。再度テスターで故障コードが無いことを確認して完了です。

SL500(R230) ガソリンが漏れる

 SL500(R230) ガソリンが漏れる

駐車場にガソリンが垂れているのを発見したそうです。ご来店の際もトランクの辺りからガソリンの臭いがしていました。
お預かりしてリフトアップするとフューエルポンプから漏れていました。それもポタポタ垂れてくるような激しい漏れです。
また、このタイプはデフの真上についているので狭くてやり難い上、今回のようにポタポタ垂れてくると作業しづらいのでガソリンを全て抜くこととしました。
フューエルポンプ・フューエルフィルターを交換し漏れの点検をして完了です。あれだけガソリンが漏れているといつ火がつくかわからないので、ガソリンに関することはできるだけ早めに見せていただきたいですね。

E400(W210) 天井から異音がする

 E400(W210) 天井から異音がする

舗装の悪い道で天井から異音がするので見てほしいとのご依頼です。
天井をたたくとビイーンと鉄板が振動しているような音が天井内張りの奥からします。
今回は天井内張り修理も依頼されていましたので、天井のボードを取り外して天井内部を点検することにしました。
ボードを外すと鉄板がボディーにビス止めされていて、このビスに緩みがあったので締め付けて異音が出なくなったのを確認しました。
最後に天井内張りを取り付けて走行テストをして異音の点検をして完了しました。

E320(W211) ヘッドライトが点灯しない

 E320(W211) ヘッドライトが点灯しない

右のヘッドライトがパッと一瞬だけ点灯してすぐ点かなくなるとのことです。
まずはバルブ不良を疑いテスト用をつけてみましたが同じ状態で、次にバラスト不良を疑いテスト用をつけるとヘッドライトは点灯しました。
でも左右でヘッドライトの明るさが違い、右のほうが暗く見えます。
バラストとバルブを中古品で対応し、ヘッドライトも点いて明るさも左右均等になりました。

SLK230(R170)  ラジエータ警告灯が点灯する

 SLK230(R170)  ラジエータ警告灯が点灯する

クーラントは適量入っているのにラジエータ警告灯が点灯するとのご依頼です。
実際に見るとクーラントは入っていて漏れもありませんでした。
サブタンクセンサーを外して単体点検しても異常はありません。
センサーが問題なければサブタンク側のフロートに不具合があるはずです。サブタンクをよく覗き込んでみると、なんとフロートが途中で引っかかって止まっていました。サブタンクを交換し警告灯が点灯しないのを確認して完了です。

R63 AMG(W251)  リヤゲート警告灯が点灯する

 R63 AMG(W251)  リヤゲート警告灯が点灯する

リヤゲートが閉まっているのに、メーター内にリヤゲートが閉まっていない警告が出るというので
見させていただきました。
リヤゲートの開閉は問題ないようでしたが、閉まるときにクローズドアシストが作動しているのに最後まで締まりきっていないことに気づきました。
案の定ゲートを持ち上げるとガタがあり締まっていませんでした。点検していくとクローズドアシストモーターは作動しているのに、ロック内部で破損箇所が有りアシストが出来なくなっていました。
リヤゲートロックを交換するとクローズドアシストも効き、警告も出なくなくなりました。

一般整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!