港区 【整備事例】メルセデスベンツ編 9  ノリトシ自動車

画像
【整備事例】メルセデスベンツ編 9

【整備事例】ベンツAクラス編

A160(W168)  足回りにガタがある

 A160(W168)  足回りにガタがある

足回りにガタがあるので調べると、アームブッシュにガタがありました。
リアトレーリングアームを外してみると、ベアリングがサビていました。
ベアリングを交換したら、ガタも収まりました。

A160(W168) シリンダーヘッドカバーパッキン交換

 A160(W168) シリンダーヘッドカバーパッキン交換

シリンダーヘッドカバーからオイルが漏れてエキゾーストマニホールドにかかり焦げ臭いので、パッキンを交換します。
エンジンECUやインテークマニホールドを外さないと、カバーが見えてきません。
パッキン交換後はエアコンをかけても、焦げ臭い匂いはしなくなりました。

SL320(R129) ソフトトップを動かすとオイル漏れがある

 SL320(R129) ソフトトップを動かすとオイル漏れがある

ソフトトップを動かすとオイルが垂れてきました。
シリンダーを全部点検すると、ソフトトップ後ろのロックシリンダーから漏れていました。
ロックシリンダーを交換して、ほかのシリンダーも点検し漏れていないことを確認しました。

190E-2.6(W201)  リアマルチリンク交換

 190E-2.6(W201)  リアマルチリンク交換

リアサスペンションをリフレッシュしたいとのことで、マルチリンク全交換しました。
サスペンションにしなやかさが出て、乗り心地のいい190E-2.6になりました。

190E-2.6(W201)  リアサブフレームマウント交換

 190E-2.6(W201)  リアサブフレームマウント交換

意外と皆さんが手をつけないのがリアサブフレームマウントです。
この部品もゴムでできているので硬くなりしなやかさが無くなります。
これを交換すると、カーブの時に地面に吸い付くような粘りが出て、ベンツらしさが感じられます。
ぜひとも交換をおすすめします!

280SE(W126)   エンジンの吹け上がりが悪い①

 280SE(W126)   エンジンの吹け上がりが悪い①

エンジンが振れたり、吹け上がりが悪いとの症状です。
現在症状が出ているので、早速診断に取り掛かります。

280SE(W126)  エンジンの吹け上がりが悪い②

 280SE(W126)  エンジンの吹け上がりが悪い②

オシロスコープと言う機械を使い、エンジン点火系の状態を見ていきます。
すると5番シリンダーに不具合があることがわかりましたので、そこを重点的に調べていきます。
診断結果はサプレッサーの不具合でした。
サプレッサー6本とスパークプラグ6本を交換し、再度オシロスコープで点火波形を確認すると、教科書に出てくるような理想的な波形になりました。もちろんエンジンの調子はバツグンです!

E320(W210)  エンジンリアクランクシール交換

 E320(W210)  エンジンリアクランクシール交換

エンジンとオートマチックトランスミッションの間からエンジンオイルが漏れていましたので、リアクランクシールを交換しました。

S350(W221)  リアエアーショック交換

 S350(W221)  リアエアーショック交換

段差を乗り越えるとキュッキュッと音がするので、点検をしましたらリアエアーショックから音が出ていました。
リアエアーショック左右を交換して、音が出なくなったのを確認しました。

500SL(R129)  パワーステアリングオイルが漏れる

 500SL(R129)  パワーステアリングオイルが漏れる

パワーステアリングオイルが減るとのことで点検しましたら、パワーステアリングポンプから漏れてベルトにかかり、エンジン前側にオイルが飛散していました。
パワーステアリングポンプをオーバーホールしまして漏れは止まりました。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
03-3453-7700
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

>> お問合せフォームはこちら

一般整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!