港区 【整備事例】メルセデスベンツ編 6  ノリトシ自動車

画像
【整備事例】メルセデスベンツ編 6

【整備事例】ベンツEクラス編

E320(W210)  エンジンルームから煙が出た

 E320(W210)  エンジンルームから煙が出た

タペットカバーパッキン

E320(W211)  エンジンがかからない

 E320(W211)  エンジンがかからない

300TE(S124)  クーラントが減る

 300TE(S124)  クーラントが減る

E350(W211)  チェックエンジンランプが点灯する

 E350(W211)  チェックエンジンランプが点灯する

S500(W140)  クーラントが漏れる

 S500(W140)  クーラントが漏れる

エンジンをかけるとボタボタと水が垂れてきます。これではすぐにクーラントが空になってエンジンが壊れてしまうので、早速クーラント漏れの点検をします。
ラジエター回路を加圧して漏れを見ると、ラジエターの横から漏れているのが解り、ラジエターを外してみると大きな亀裂が入っていました。これでは水がすぐに無くなりますね。
今回は予算の都合で中古品を使い、クーラントも規定量補充しました。
交換後にもう一度加圧テストをして漏れのないことを確認して納車しました。

S600(W140)  クーラントが漏れる

 S600(W140)  クーラントが漏れる

C200(W202)  ハンドルにガタがある

 C200(W202)  ハンドルにガタがある

C240(W203)  ウォッシャー液が漏れる

 C240(W203)  ウォッシャー液が漏れる

C200(W202)  ATカプラからのオイル漏れ

 C200(W202)  ATカプラからのオイル漏れ

エンジンオイル交換のついでに下回りを見ていたら、ATカプラからオートマミッションオイルが漏れているのを発見しました。
お客様にカプラ交換の了承を得て作業に取り掛かったところ、カプラの取り付けボルトが回っているのに抜けてきません。ボルトの相手側と供回りしているようです。
漏れを直すのにカプラを壊してカプラの相手側のエレクトリックキットを交換しないとなりません。
お客様に事情を説明すると交換の了承をいただけましたので、カプラを何とか壊してオイルパンを外してバルブボディーを降ろして分解しエレクトリックキットを交換します。
ついでにオートマミッションオイルが汚れていたので、トルクコンバーターからも抜いて全量交換しました。
カプラの取り付けボルトを締めすぎるとこのような結果になりますので、どうか締めすぎにはご注意ください!

C240(W203)  クーラントが減る

 C240(W203)  クーラントが減る

一般整備の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!